記念品、粗品、ノベルティー製品、記章、社員章としてご利用いただける七宝工芸品の製造、低温はんだ、フラックスなど基板とアッセンブリー接続材料の製造・販売会社です。

TOP >> 過去のBLOG

過去のBLOG

TOPページで紹介したBLOGのバックナンバーを掲載しております。

職人の技「切り回し」 〜究極のエコな技術

2021.8.1 

地金を糸鋸でカットし、複雑な形状や、オンリーワンの製品の製作を抜き型なしに可能にする「切り回し」という技術。

機械に頼らず、”職人の腕”と”手動の糸鋸”のみで仕上げていきます。

写真の商品を切り回ししたのは30代前半の職人。素材は厚さ3.5mmの純銀です。社内で七宝を盛って仕上げています。
どんなに機械化が進んでも、大切に受け継いでいきたい『匠の技』があります。


少数もの、一点もの、複雑な模様を形に致します。
お気軽にご相談ください。

臭くない安全なニスの導入〜低VOC塗料

2021.7.1 

製品の仕上にニスを塗布していますが、防毒マスクをしていても、長時間の作業は従業員の負担です。工場周辺の宅地化も進んでおり、周辺住民の方への臭いの配慮、住環境への配慮から、より良い対策を検討し続けています。

今年行ったのが、VOC排出量の少ないニスの導入です。

価格は従来品の1.5倍ほど高価ですが、汚染した環境の浄化に費用をかけるより、排出量自体を減らす方が、長期的に見てプラスが大きいと判断しました。

品質ですが、光沢が従来品とは異なり、より光沢が出る印象です。臭いはプラモデルの接着剤のような臭いで従来品ほど強くなく、乾きも速いです。従業員の評価も上々で、今春のテストを経て正式に導入となりました。

オゾンでVOCを分解する装置の導入検討や、微細な噴霧量調整が可能なスプレーガンの使用、
作業室内の風量調節など、引き続き検討を続けています。

燃料は水!〜水素トーチでロー付け

2021.6.1 

2年前、国際宝飾展を見学してきた若手社員から、小さな銀製品のロー付け作業に、水素トーチを導入してみてはどうでしょうか!という提案がありました。

この水素トーチ、なかなかの優れものです。

・燃料は水+電気(100V) ・脱炭素 ・安全 ・炎は高温、作業は短時間 ・ススが出ない ・導入コスト低 ・ランニングコスト低  ・省スペース 等
環境、人、製品に対してそれぞれにメリットがあり、導入を決めました。

炎が小さいので、小さな部品をピンポイントでロウ付けするのに最適です。将来的には10儚冂度の大きめの製品のロー付けにも、水素バーナーを導入していきたいと考え情報収集しています。

弊社では、銀、銅の小型部品のロウ付けを承っております
ロー付けのお問い合わせはこちら

【導入製品】
マイクロウェルダーL80(田邊研電)  

「継往開来」〜循環型製造業の実現に向けて

2021.5.25 

お陰様で、弊社は2年後に創立100周年を迎えます。
これまでの皆様の温かいご支援、ご愛顧に心より感謝申し上げます。

私達はこれまで受け継いできた伝統的な製法を引き継ぎつつ、新しい技術・設備を取り入れ、
人環境への配慮を優先した循環型の工場へと進化
して参ります。

一製造業の中小企業として、生産性・収益性と持続可能性の両立を目指す弊社の取組を
このBLOGでご紹介していきます。


▲ページのトップに戻る

はんだ・フラックス・記章・記念品のトップメーカー株式会社 青木メタル 商品に関するお問い合わせ03-5945-1193 お問い合わせフォーム